Let's enjoy DIY!

自分勝手な備忘録、電子(機械)工作等の趣味ブログ

PWMモジュール

2チャンネルpwm発生器調整可能なデューティ·サイクルパルス周波数モジュール

※以下の内容は上記サイトの貼り付けです、内容は間違っている可能性があります。

ja.aliexpress.com

f:id:letsdiy:20170624081409p:plain

商品説明

ハイライト:

  1. 二つの独立したpwmジェネレータ設定することが周波数、デューティサイクル。
  2. を広い周波数範囲、高精度;
  3. 缶シリアル通信。

まず、をモジュール説明:

周波数は3分割範囲:

  1. xxx (無小数点):最小単位は1 hz、範囲1 hz〜999 hz;
  2. xx. x (小数点で十):最小単位は0.1 Khz;範囲0.1 Khz〜99.9 Khz
  3. x.x.x. (3つの小数点):最小単位は1 Khz;範囲1 Khz〜150 Khz

周波数ディスプレイ例:

" 100 "を示し、そのpwm出力パルスの100 hz;

" 54.1 "を示し、そのpwm出力パルスの54.1 Khz;

" 1.2.4。ことを示してpwmパルス出力124 Khz

デューティサイクルに範囲: 0から100;

三周波数デューティ·サイクルは同じ、すべてのパラメータ不揮発性。

第二、をモジュールパラメータ:

  1. 作業電圧: 5--30V、サポートマイクロusb 5.0ボルト電源;
  2. 周波数範囲: 1 hz〜150 Khz;
  3. を周波数精度: ± 2%;
  4. 出力電流: < 30ma;
  5. 出力振幅:デフォルト5Vp-p (設定可能);
  6. 動作温度範囲:-30〜+ 70 °。

第三に、をパラメータ設定:

モジュールは3ボタン[設定]、[アップ]、[ダウン];

  1. プレス[設定]キーにスイッチを表示四パラメータ(fr1: PWM1周波数; dU1: PWM1デューティサイクル。fr2:周波数のpwm2; dU2: pwm2デューティサイクル)、前にハンドオーバパラメータ、そこには対応するパラメータ名フラッシュ。
  2. プレス[アップ]、[ダウン]キーを変更する電流パラメータ値(長押しはすぐに追加または減算高速)。
  3. 二つのpwm各3プリセット周波数、を周波数ディスプレイインタフェース、長押し[設定]キーに切り替える三種類の周波数、三種類の周波数デューティ·サイクルは同じ値。(xxx:レンジ1 hz〜999 hz; xx. x:レンジ0.1 Khz〜99.9 Khz; x.x.x。:レンジ1 Khz〜150 Khz、)。

第四、をスコープ:

  1. として方形波信号発生器が生成する方形波信号;
  2. を提供する信号にステッピングモータドライバ;
  3. 調整可能なパルス世代用チップ使用;
  4. 農産物可変パルス信号、を制御-関連回路(pwm調光、スピード)。

第五、をシリアル制御

ボーレート: 9600 bps

データビット: 8

ストップビット: 1

パリティビット:なし

流量制御:なし

1、セットをpwm周波数

" S1FXXXT ":設定PWM1周波数のxxx 60hz (001〜999)

" S1FXX。xt ":セットは周波数のPWM1 xx. x 125khzの(00.1〜99.9)

" S1F: x.x.x.t ":設定PWM1周波数のxxx 125khz (0.0.1〜1.5.0..)

's1': PWM1

's2': pwm2

'f':周波数

d:デューティサイクル

tはエンド旗

  1. セットをpwmデューティサイクル

" S1DXXXT ":設定PWM1デューティサイクルxxx; (001〜100)

" S2DXXXT ":セットpwm2デューティサイクルxxx; (001〜100)

設定成功したリターン:ダウン;

aeProduct.getSubject()